快眠のために、高い枕やマットレスを買おうか迷っている女性はいませんか?

睡眠の質が気になると、こういったアイテムに惹かれますよねぇ。

しかし、もっと手軽に快眠を得る手段があります。まずは、お金をかけずにできることから始めてみませんか?

『病気を治したければ「睡眠」を変えなさい』で、「自律神経をだます手段を知ることが、眠りを制することにつながる」らしいです。

この手段が、非常に簡単なのです!

■快眠は交感神経と副交感神経の切り替えが大事なんです!

そもそも自律神経には、心と身体が活発に活動するのに適した状態を作る交感神経と、一日の活動で傷ついた細胞などを修復し回復する副交感神経のふたつがあります。

夜は、後者の副交感神経が働くことでしっかり眠れるのですが、前者の交感神経が優位になっていると「深夜になっても寝つけない」「睡眠中の眠りが浅い」といったことに……!

そのため、交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズにいくように自律神経をコントロールすると、快眠を得られるのです。

人の意思で操作できなさそうな自律神経ですが、実はだまされやすい一面も……。

行動で”自律神経をだませば快眠できる”んですよ。