小さな缶ビール1杯は百薬の長などと言われることがあります。
なのに、本当に髪の毛に悪いのでしょうか。根拠はあるんでしょうか。(はげの原因とも言われています)

確かに、適量のアルコールは血行促進、ストレス解消にもなり良いといわれています。
ただ、これはあくまでも適量も場合です。

飲みすぎはもちろん健康にもよくありませんし、頭皮にもよくありません。
(適量であればOK)

アルコールが何故、薄毛につながるのかといいますと、アルコールは、肝臓で、毒性のあるアセトアルデヒドを経て、無毒な酢酸に分解という過程をたどります。

しかし、このアセトアルデヒドの分解が間に合わなかった場合は血流によって体中を循環します。
アセトアルデヒドは毒性が強く、悪酔いの原因ともなります。
こういったことは健康にも悪影響です。

簡単にお伝えすると、このアセトアルデヒドという物質は、過剰摂取しすぎると体内で、脱毛の原因ホルモンとも言われている脱毛を促進させるDHT(デヒドロテストステロン)という物質を増加させてしまうというのです。

飲酒によって、はげの原因の代表格ともいわれるジヒドロテストステロンを助ける働きが指摘されています。

だからといって仕事終わりの1杯を我慢するというのも考えものです。
我慢→イライラ→ストレスへと繋がる可能性があるからです。

これ以上、ハゲたら嫌だから、大好きなアルコールも我慢する=ストレス
ストレスも薄毛の原因だといわれています。

こういったことを踏まえると、毎日コップ1杯まで、または週に1回など自分自身にルールを決めて飲酒するのが一番ではないかと思います。
また、毎日飲まれる方は髪の毛だけでなく、胃の負担も考えると週に1、2度は飲まない日を作ることをおすすめします。