ご存知のように化粧品の種類は、たくさんあります。

その中の基礎化粧品だけでも、
「洗顔石けん」「メイク落とし(クレンジング)」「化粧水」「乳液」「美容液」「メイク下地」「ナイトクリーム」「栄養クリーム」「ほにゃららクリーム」
と数え切れないほどあります。

あなたも考えたことはないですか?

本当にこんなにたくさんの化粧品が肌には必要なのでしょうか・・・?
そこで、ある実験をしました。
いくつものメーカーのスキンケアセットを肌質や価格を気にせずに買ってきて、研究所で中身を調べたのです。

そうすると驚くべき結果がでました。

その中の多くの成分が一緒だったのです。

つまり、入っている有効成分はほとんど同じで、形状が違うだけだったのです。

例えば、液状だったり、クリーム状だったり、固形だったりと・・・。

このことを化粧品の研究者に、「こんなことは良くあることですか?」と質問すると、「全ての化粧品メーカーがしているとは言えへんけど、良くあることですよ。」と言われました。

私は正直言って、信じられませんでした。

だって、お客さんにしてみれば、種類が増えるほど、お金もかかるし面倒です。
私だって安くて便利なほうがいいです。
なのに、わざわざ使う人が損するようなことをするのかなあと思いました。

もちろん、しっかりと研究をして、できるだけ個人対応した化粧品を作りたい と考えているメーカーもあることは、ここに付け加えておきます。

また、ある皮膚科に行ったとき、医師に、「基礎化粧品にはたくさんの種類がありますが、多く使うほうがいいのでしょうか?」と質問しました。

すると、
「本来、肌に対して基礎化粧品(スキンケア)を使用する目的は保湿だ。
肌の一番表面にある角質層(角層)がうるおっているかどうかで肌のキメやなめらかさは決まってくる。
だから、角質層にきちんと保持することが保湿であり、それさえできれば基礎化粧品の種類なんて1種類でも10種類でもどちらでもいい」と言われました。

だから、私は種類にはこだわらずに、スキンケアでもっとも大切な保湿を重視すると決めました。