【サウナ通いに寿命延長効果】

 

寒さが厳しいフィンランドでは、

サウナ通いは広く行われており、

良好な健康状態とくつろぎを

もたらすと考えられている。

 

これまでの研究では、

サウナの利用と血行改善の

関連性が調査されてきた。

 

東フィンランド大学

(University of Eastern Finland)が

主導した今回の最新研究では、

同国東部在住の中高年男性(42~60歳)2315人を

対象とした調査を実施し、

突然心臓死、冠状動脈性心臓病による死亡、

心疾患による死亡、

そして全死因による死亡などのリスクと

サウナ入浴との関連性を詳しく調べた。

 

調査対象の中高年男性は、

全員がサウナに行っていたが、

通う頻度は人によって多い少ないの差がみられた。

追跡調査期間は中央値21年間にわたった。

 

突然心臓死リスクについては、

サウナに行く頻度を週1回と申告したグループと、

週2~3回としたグループとを比較した結果、

頻度の多いグループは

突然心臓死リスクが22%低かった。

 

週に4~7回通っているグループは、

週1回のグループより63%リスクが低かった。

 

同様に、冠状動脈性心臓病リスクに関しては、

週1回のグループに比べて、

週2~3回のグループは23%低く、

週4~7回のグループは48%低いという

結果が得られたと論文は述べている。

 

心疾患による死亡リスクでは、

週1回のグループに比べて、

週2~3回のグループは27%、

週4~7回のグループは50%

それぞれ低かった。

 

また全死因死亡率を調べたところ、

週2~3回のサウナ入浴は24%の

死亡率減少に関連していることが分かった。

 

週4~7回のサウナ入浴は

40%の死亡率減少に関連していた。

 

また、サウナ室に19分以上

継続して入ることは、

11分足らずで出るより

効果が高いように思われたという。

 

東フィンランド大のヤリ・ラウッカネン

(Jari Laukkanen)氏が率いた

今回の研究は「サウナ入浴と

心臓血管の健康とを関連付けている

潜在的メカニズムを立証するには、

さらに研究を重ねる必要がある」としている。

 

長寿