前回でお話をしました。

 

飲む点滴を毎日コップ1杯飲んでいると、病院の点滴と同じくらいの効果があると言う事です。

 

なぜ甘酒は飲む点滴っと言われているかというと、ビタミンB群・アミノ酸・ブドウ糖・オリゴ糖等々の栄養素が豊富に入っているだけではなく、身体に吸収しやすい事から、甘酒は飲む点滴っと呼ばれているそうです。

 

善玉菌のエサとなるブドウ糖が含まれている為に、善玉菌を活発にし、腸内環境を改善し、免疫力をアップする事が出来る甘酒は、腸内殺菌が免疫力の7割を占めているそうです。

 

私の理解からすると、

 

免疫力がない方は、腸内に悪玉菌が善玉菌より多い為に、エネルギー吸収がしにくくなり、過剰に蓄積して、プクプクと太りやすい体になっていっているのではないでしょうか。

 

善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすには、細菌に手助けをしてもらうしかありませんねぇっ。

甘酒の麹菌には、乳酸菌やビフィズス菌などが含まれており、上記のような働きもしてくれますので、

仕事の残業や介護で疲れている時、寝不足気味の時、米麹で作られた甘酒を飲むと、免疫力アップするようです。

 

また、悪玉菌が腸内で活発になると、活性酸素が増し、肌の状態が悪化し、シミなどが出てきます。
米麹で作られた飲む点滴と言われている甘酒を飲むと、肌荒れ予防もできるそうです。

 

何故ならば、甘酒事態に善玉菌が含まれていることで、腸内環境を改善し、肌荒れ予防やアンチエイジング効果があるとも言われています。

 

本日も、最後まで目を通して頂きまして有難う御座いましたm(_ _)m