むくみとは血液中の水分が、血管やリンパ管の外にしみだして、皮膚の下にたまった状態のこと。

 

通常、余分な水分は、排泄物とともに「尿」として排出されますが、むくんだ状態だと、皮膚の下に水分がたまってしまい、体外へぬけにくくなります。

 

つまり体内の水分率があがり、それが余分な“水分”として、体内に滞る。

特に、足、手、顔(特にまぶた)に出やすいようです。

 

体内には2~3kgもの余分な水分が溜まっているといわれています。

 

あなたは、こんな経験ありませんか?

 

 

 

 

◆朝入ったブーツが夕方入らない

◆指輪が抜けない

◆朝まぶたが腫れて目が開かない

◆手がパンパン

 

 

 

余分な“水分”をうまく体外に排出できたらシュッとキレイになるのでは?

そんなこと分かってはいるけどどうすればいいのか分からない…。 

 

エステやリンパドレナージュに行く暇もない…。

 

そんな方々にオススメはこちらダウン

 

 

半身浴

 

 

誰でも簡単に出来る半身浴ですが、きちんとした方法で行うことで、汗のかき方や体の温まり方が変わってきます。最初に気をつけなければいけないことは、体のどの部分をお湯につけるかですが、みぞおちから下の部分だけをお湯につけ、腕は浴槽から出しておくのが基本です。

 

この時、お湯の温度は37~40度位のお湯に設定します。普段よりも少しぬるめだな~と感じる位の温度です。40度以上のお湯に設定してしまうと、心臓に負担がかかってしまうので注意してください。

 

半身浴は体を徐々に温める方法ですので、体が芯から温まりじんわりと汗をかきはじめるまでに20分くらいかかります。

 

 

体をぽかぽかとお温めて湯冷めしにくくなるまで、30分位を目安に半身浴を行うのが良いでしょう。

 

もう一つ気をつけたいことは、食後すぐの半身浴は避けるという事です。

食事の後は食べたものを消化するために内臓が働いていますので、この時に入浴すると負担が大きくなります。

 

 

満腹時の半身浴は控えることをオススメします。

半身浴の際は腕をお湯に付けていないため、肩が冷えることがあります。その場合は、タオルを肩にかけるなど工夫すると良いでしょう。

 

 

 

肩の冷え対策でタオルを利用する際には、乾いたタオルを使用してください。お湯で温めたタオルを使うと、タオルが冷める時に体温も一緒に奪ってしまうため、かえって体を冷やしてしまいます。

 

 

 

お風呂用の椅子を利用すると、姿勢や湯量の加減を調節しやすくなります。負担なく半身浴を続けられるように工夫することが大切です。

 

 

 

今夜は、半身浴でリラックスしてくださいねぇ♪

 

 

健康・美容に腸セラピーをおススメ致します!

 

 

 

 

エステでもない、リンパマッサージでもない、整体でもない

 

 

オールハンド美顔 & 腸セラピー

エステ 荻窪 Global Grace

 

お試し下さい。

 

 

 

1回でもあなたのお顔がどの位こっているかわかりますよぅ。

 

あなたの眠っている美しさを取り戻します。

 

 

 

本日も最後まで読んで頂き有難うございました。