一口に腰痛といっても、その痛む箇所、範囲は実にさまざまです。 腰というより、骨盤のあたりや、 おしりが痛む人もいますし、逆に背中とも腰ともいえない上の方が痛む人もいます。
その痛みの起こる場所と痛み方から、かなり正確に腰痛の原因を推定することができます。


【 腰が痛い 】

5つある腰椎の、どの腰椎に異常が生じても、いわゆる、「腰」と認識される範囲が痛むことがあります。 もちろん、腰部の上の方が痛ければ、上部腰椎(L1・2)に問題があることが考えられますし、下の方が痛ければ、腰椎下部(L4・5)に問題が生じていることが考えられます。

しかし、痛みの感覚というのは意外と曖昧なもので、「腰が痛い」という場合でも、痛む箇所が自分でもはっきりわからないことが多いのです。 そうしたことから、「腰が痛い」というときに、どの腰椎に痛みの原因があるかを調べるには、どういう動作をしたときに痛みがでるかで考えた方がわかりやすいと思います。

まず、腰を反って痛いとしたら、第1腰椎になんらかの異常があると考えられます。 前屈みで痛ければ、第5腰椎。 ただ、前屈・後屈の動作では、第1・3・5腰椎が連動しています。 痛みの直接の原因は、第1腰椎と第5腰椎にあるのですが、第3腰椎が捻れたりすると第1と第5腰椎の連動がうまくいかなくなり、前後屈で痛みがでることがあります。 この場合は、第3腰椎を調整することで痛みが快癒します。

捻って痛い場合、第3腰椎に問題があります。 多くは、上下の第2腰椎か第4腰椎とセットでおかしくなっています。 第2腰椎とセットで異常を起こし痛みがでることの方が多いですが、第4腰椎とのからみで痛む場合は、その痛みが激しいのが特徴です。

「腰が痛い」という中で、動かなくてもいつも痛いというものは、第1腰椎に問題があります。 そして、「腰」と限定して痛みを訴える方の場合、多かれ少なかれ、第1腰椎 に問題があることが考えられます。 一般に腰と認識されているあたりの大部分の知覚は、第1腰椎と関係しているからです。
第1腰椎に負担のかかる生活を続けていると、その周囲の筋肉がだんだんと硬直し固まってしまいます。 そして、第1腰椎の可動性がある限度を越えて悪くなると、だんだん痛みが出てきます。

第1腰椎がこわばって、動きが悪くなるために起こる腰痛は、多くの場合激しく痛むことはありません。 どちらかというと、「ジワ~っと痛い」 とか、「重いような痛いような」 といった感じの痛みです。 そして、ともかく 「いつも痛い」 というのが特徴です。 なにか動作をすると痛いというより、とにかく一日中腰が重苦しく痛いのです。

第1腰椎は、ヘルニアや椎骨の大きな位置異常といった、器質的な、目に見える形での異常を起こすことは少ない腰椎です。 ですから、現代医学の診断では、異常を見つけにくいということがあります。 (実際にさわってみれば、可動性を失っていて、筋肉も硬直し弾力がない)

✿✿❀❀✿✿❀❀✿✿❀❀✿✿❀❀✿✿❀❀✿✿
こちらにいいね!を押して頂けると幸いです。
https://www.facebook.com/GlobalGraceEsute
✿✿❀❀✿✿❀❀✿✿❀❀✿✿❀❀✿✿❀❀✿✿