おまたは、もの凄く重要です。 

バタフライでは、腰の上下動を使います。
腰が沈まないと、肩は水上に出ないですからです。

フラットなバタフライを泳ぐには、腰の浮かせ方&腰が沈んだときの姿勢が重要になります。

頭を突っ込んで、腰を浮かせるのは簡単ですが、グライドの時間が長くなり過ぎてしまい、ロスが大きいです。

第一キックで潜らず、前に進むことです。

その場合、腰を浮かせるためには、意識的に骨盤を前傾させる必要があります。

「カンチョーしてくらはい」みたいにお尻を突き出すことです。

カンチョーは、フラットバタフライでは、はずせません。
お尻を沈ませて、肩を出すためには、その前の段階でお尻が浮いていなければならないからです(お尻は水面近くにあればいいです、必ずしも水上に出なくてもよい)。

そして ここからが重要なんです!

水を掻いて、第二キックを打って、お尻が沈んだ瞬間(=肩が水上に出た瞬間)、

おまたをしっかり締め、お尻の筋肉もぎゅっと締めて、頭から足先まで1本の芯が入った姿勢になるのです。
まっすぐよ!! 1本棒になるざますっ!!!

このときに、お腹とおまたが緩んでいると、振り下ろしの反動で、膝から下が跳ね上がり、ふくらはぎで水を前に押しやって、急ブレーキがかかります。すると、重心がずり下がり、前に乗りにくくなるのです。
わかりますか?

これ、たいへんよろしくない状態ですよ。

重心がずり下がらなければ、リカバリーで自然に前に乗れます(頭を突っ込む必要なしこ)

なので、腰が沈んだ瞬間(手の抜き上げ直前)の、おまたの締めはものすごーく重要です。

感覚的には、第二キックを打つと同時くらいに、おまたをキュッと締めるんですっ!!

いいですか、みなしゃん、カンチョーしたら、キュッよ。

バタフライで力を使うのは、このおまたの締めだけでいいかもしれません。

おまたのキュッは、意識すると、まだ全身が無駄に力んだりして、自分のものにするには、練習が必要です。

ドルフィンキックの練習で、意識するといいと思います。

水面バサロも、キックの進みが違うのを体感できます。
あとは、やっぱりプルブイスイムがおすすめでし。
プルブイを挟んで、わぁー、ラクだわー、スムーズだわーって感じるときは、おまたのキュッができている。

あわわわ、なんだか、やりにくいわぁって思うときは、できてない。

とてもわかりやすいです。

バタフライに必要なのは、おまた力ですよ!!