まずは、ツボに関する基礎知識を身につけよう!!

つぼ(ツボ)押しの注意点

急性の腰痛、ぎっくり腰などの場合は、つぼ(ツボ)指圧は避けて、病院で診察を受けることをおすすめします。
1ヶ所のつぼ(ツボ)押しは、3~6秒くらいがベストです。同じ箇所を1分以上刺激することはやめましょう。
また、お年寄りは骨が弱くなっていますので、力を入れすぎたつぼ(ツボ)押しは厳禁です。
服装はゆったりした衣服を着用して、体を締め付けるものは外してから、つぼ(ツボ)押しをしましょう。

注意!こんなとき、つぼ(ツボ)押しはやめましょう

●急性の腰痛の場合
●押す箇所に、熱があったり、炎症がある場合
●押す箇所に、傷ややけどがあるとき
●妊婦さんの腹部や腰部、仙骨部へのつぼ押しは絶対に厳禁
●風邪などで熱がある場合
飲酒後
入浴中・入浴直後

http://www.suzuchou.com/tenpo/ziyu-so-/ttlb112_s.jpg

一人で押すときの注意

強く押しすぎないこと、やりすぎないことが大事です。
自分で行なうと、気持ちがいいのでつい何度も何度もやってしまいがちですが、やりすぎは禁物です。気持ちを落ち着けてゆっくりと正確にやりましょう。

二人で押すときの注意

つぼ(ツボ)押しを受ける人の体勢として、背部をつぼ(ツボ)押しされるときはうつ伏せです。このとき、胸にクッションを当て、額には枕などを当てておくといいでしょう。つぼ(ツボ)押しする人は、馬乗りにならずに、横に位置して指圧しましょう。体重をかけすぎて押してしまうと、肋骨を損傷してしまう可能性もあります。相手をいたわるように、注意して押しましょう。

腰痛に効くのはこのつぼ(ツボ)!

①大腸兪(だいちょうゆ)

大腸兪の取り方は、骨盤の左右の一番高いところ(腸骨稜)を結んだ高さが第4腰椎で、その棘突起の下縁から外に1寸5分のところに大腸兪を取ります。

大腸兪は、腰痛に効果があります。他にも、便秘などの大腸の症状などにも効果があります。
大腸兪を3秒押して3秒離しと繰り返すことによって、効果を得られます。

http://stat.ameba.jp/user_images/c3/41/10017224591_s.jpg

②腎兪(じんゆ)

腎兪の取り方は、骨盤の左右の一番高いところ(腸骨稜)を結んだ高さが第4腰椎で、そこから2つ上の第2腰椎の棘突起の下縁から外に1寸5分のところに腎兪を取ります。

腎兪は、腰痛に効果があります。他にも、下腹部にある内蔵、腎臓・膀胱・生殖器・大腸などの症状にも効果があります。

腎兪を3秒押して3秒離しと繰り返すことによって、効果を得られます。

 

http://wwwe.pikara.ne.jp/baian/Sisitu_jinyu.jpg

③志室(ししつ)

②の「腎兪」から指2本分外側にあり、肩甲骨のもっとも肉側の点から垂直に下がった線上にあります。腰痛、坐骨神経痛、胃腸炎、全身の疲労感に効果があります。
横腹に近い場所になるので、親指の腹で体の内側に向かって押します。

http://img.blog.naoshiya.info/20110514_1002767.jpg

④殷門(いんもん)

殷門は足の後ろ側の指圧とマッサージの中心的なツボです。
【ツボの位置】
太ももの後ろ側のほぼ中央あたりです。
【治療】
うつぶせに寝かせ、軽く足を開かせます。左右の足のツボを同時に指圧します。このとき、強く押すといいでしょう。このツボを中心にして、足の後ろ側の指圧とマッサージを行うと痛みやしびれが和らぎます。

http://blog-imgs-33-origin.fc2.com/k/i/r/kiraku88/2011072707581463e.jpg

⑤帯脈(たいみゃく)

脇腹ウエストのラインにあり、腰痛、月経痛、月経不順、下腹部痛などに効果があります。
親指の腹で力をあまり入れずに押します。