顔を構成するパーツの中でも、特に脂肪が付着しやすいと言われているのが口周りです。また、加齢と共にシワなどの症状が現れやすいパーツとしても知られています。様々な症状を持つ口周りを若々しく保つことで、顔を明るく見せるだけで無く、あなた自身の印象さえも良いものにする事が出来ます。将来の自分がもっと輝くために、遺伝子から知る体質や病気リスク
イメージ画像

口周りのたるみの原因とは

口周りのたるみには、実はいくつかの原因が挙げられます。 まず、一番多くの原因と言われるのが脂肪です。 口周り、特に頬周辺は、その構造上脂肪が非常に付着しやすく、また脂肪が落としにくいパーツでもあるのです。その結果、顔のどの部分よりも真っ先に脂肪が付着してしまい、その付着した脂肪の重みによって、口周りが徐々に垂れ下がってしまいます。 特に、脂肪は肌の潤い成分を吸収してしまう効果も持つため、脂肪の付着によって口周りの肌内部にある潤いも失われてしまい、シワやたるみを助長する原因になってしまいます。

また、ここ数年ほどで一気に注目される原因となっているのが、咀嚼不足です。 咀嚼とは、いわゆる食べ物を噛む動作のことです。 実は、この咀嚼の回数が減ってきてしまったり、不十分だと、それが口周りのたるみの原因になってしまうと言う調査結果も見る事が出来ます。 咀嚼は、ただ単に食べた食物を砕く作業ではありません。 咀嚼する事で、口周りの筋肉を動かし、鍛えるトレーニングの1つでもあるんです。 更に、最近では大した咀嚼をしなくても消化できるような柔らかい食材が普及していることも、口周りのたるみが頻発する原因と言われています。 柔らかい食べ物ばかりを食べると、咀嚼自体の回数が減ってしまい、結果として、口周りにある筋肉が鍛えられず、衰えてしまいます。このように、口周りのたるみには数々の原因があります。

口周りのたるみを予防し、改善するには

まず、口周りのたるみを防ぐためには、口周辺の筋肉をしっかりと鍛えてあげることが重要です。 上述したように、ご飯を食べる際には、なるべく歯ごたえの有るものをしっかりと噛む作業を繰り返します。 また、食べ物を食べていないときには、ガムを噛むと良いでしょう。ガムを噛む作業は立派な咀嚼行為になるので、口周りの筋肉を休ませず鍛えることができるのです。こうすることで、たるみを予防し、現在進行形のたるみを改善する事もできます。

メイクを用いたもう一つの改善法

特に、スキンケアコスメを用いた改善を行うことで、口周りのたるみを無くし、若々しい状態に保つことができます。このために必要となるのが、お肌の保水力を高める効果を持つコスメと、たるみを解消する効果を持つコスメを使うという点です。 最近では、口周りのたるみを改善する事に特化した、繊維芽細胞の活性化を謳うコスメも登場しています。繊維芽細胞とは、コラーゲンやエラスチンという張りの成分を産み出す働きを持った細胞のこと。 この効果を持つコスメを毎日欠かさず使う事で、口周りの細胞を活性化し、張りのある健康な肌に維持することができちゃいます。

口周りのたるみを防ぐためには、肌自体の質を高めると共に、肌の張りや位置を維持する筋肉を鍛えることで予防し、改善する事が出来ます。 口周りのたるみを予防し、いつまでも若々しい雰囲気を手に入れてくださいね。