PCやスマホをよく使用するために、視力が悪くて悩んでいる人は多いですよねぇ。

視力が悪くなる原因は、近くで物を見すぎていたり、遺伝と考えている人が多いですが。

視力が悪くなる一番の原因は「酸素不足」です。

なぜ酸素不足で視力が悪くなるのか本日はシェアします。

 

目の最大の栄養源は「酸素」
目の最大の栄養源は「酸素」です。酸素は、人が生きていくために、欠かすことができないものです。

人は食事をしなくても、水を飲んでいれば1ヶ月は生きることができると言われています。

ですが、息を止めてしまったら、たった1分でも活動することが難しくなりますし、15分も呼吸できなければ、心肺機能がストップし死に至ることもあります。

「呼吸=酸素」は生命活動の基本です。

人の体を形づくる60兆個の細胞は、すべて酸素をエネルギー源としています。

そして、眼筋の運動は1日10万回以上です!

そのため、「酸欠(酸素欠乏)」状態になると、目は一番にその機能に大きな影響を受けてしまいます。

 

酸欠が視力障害につながる理由
まず、「酸欠」になると、毛様体の筋力と水晶体の弾力が失われることから、近視や老眼が加速します。水晶体の新陳代謝が衰えて、濁りが生じると白内障になり、眼球内の老廃物がきちんと排泄できなくなると、飛蚊症という病気にもなります。

次に、酸素欠乏のために房水という、目の組織を満たす体液の排泄が滞ると、眼圧が上昇し緑内障の原因になります。

しかも、視神経が栄養不足となるため、視野も狭くなってしまうのです。

その「酸欠」の原因はもちろん、私たちが酸素を直接取り入れることができる、唯一の方法、呼吸にあります。十分な酸素が取り込めない、大きな原因は2つあります。

 

本日は、長くなりましたので、明日、酸欠の原因をお伝えしますねぇ。