様々な病気において状況を難しくしているのは「クスリとの付き合い方」です。多くの方が、便通を良くしたいと、あまりにも気軽に便秘薬を使い、クスリに頼った排便が習慣化してしまっています。

そうした排便が常習化することは良くないと気づき、止めよとしたときに既に遅し。

悪循環 「便は出したい」という思いと「クスリは止めたい」思い、この二つの希望が矛盾してしまう状態、それがジレンマです。

いずれにしても、刺激成分が腸の働きを鈍くして便の出を悪くしてしまいますが、その時々は、クスリに頼らないと便が出ないので、仕方なく使っている状態を便秘薬のジレンマと言っています。

便秘薬の長期間の常用で腸が刺激に慣れ効かなくなってくる薬が多いため服用には注意しましょう!

便秘薬が身体に良くないことはが知っています。
しかし、飲まないと出ないので、仕方なく飲んでいるという方が大勢います。
なかにはハーブティーや漢方薬系のものなので大丈夫だと信じて飲んで居る方もいます。

これらの便秘薬は、強く腸を刺激する成分が含まれていて、その強い刺激が腸の働きを鈍くしてしまっているために使用しているうちに通常の量では効かなくなり、更に多くの便秘薬を使わないと効果が出ず多くの量を服用するようになります。

便秘薬は、あちらこちらで宣伝されているために、便秘になれば無意識のうちに簡単に便秘薬に手が届いてしまうのは当然です。

恐ろしいのは、どの便秘薬にも副作用を知らせてないのがほとんどです。

便秘は、病気ではなく症状であると捉えてる方もいますが、大腸の重篤な病気の症状である可能性が非常に高いです。

便秘の改善には、腸セラピー、食事療法、腸のリラックス法が大切です。